ベルトの使い分けを楽しむこと

ゼンマイで動く機械式時計は、古くからファッションアイテムとしても愛用されています。革製のベルトは使い込むほど風合いが出てくるのが特徴です。ジャケットに合わせれば大人らしさもしっかりアピールできます。金属製のベルトは耐久性が高く、重厚感のあるスタイリッシュな印象です。スーツスタイルとの相性も抜群で、デスクワークなどのビジネスシーンにもよく馴染みます。オンとオフでベルトを使い分けるのが、時計をファッションとして楽しむポイントです。ベルトが痛んできても、簡単な交換作業ですぐに付け替えられます。異なるテイストのベルトを用意しておけば、コーディネートの幅も広がるはずです。アイテムの組み合わせも自由な発想で考えてみましょう。

トレンドに左右されすぎないこと

機械式時計の歴史は長く、そのデザイン性も確かな支持を集めています。ファッションのトレンドが移り変わっても、時計の存在感が揺らぐことはありません。完成されたデザインは流行に左右されにくく、筋の通ったスタイルを表現できます。個性的なファッションを好む方でも時計を活用するメリットは大きいです。時計の手入れをすることは自分磨きにもつながってきます。パーティーシーンではアクセサリー感覚で身に着けるのも良いかもしれません。アイテムのカラーを揃えると全体も上手くまとまります。シンプルなものならカジュアルなスタイルにも合わせやすいはずです。トレンドを意識しすぎず気軽に取り入れてみましょう。

ウブロはスイスの人気時計メーカーで、フュージョンのコンセプトで誕生させた機械時計「ビッグバン」が大ヒットし現在でも多くの愛好者がいます。