犬種によって異なる体臭

犬には口臭と排泄物、体臭の3つの臭いがあります。食べ物や犬種によって個体差はありますが、どの犬も発生するため臭いの種類を知ることは大事です。犬の中には臭いの少ない犬種が存在します。それは毛量の多い犬やシングルコートです。中でもシングルコートは毛の生え方が一重構造となっているため、体臭が出にくいのが特徴です。

毛の長さによって決まる抜け毛

一般的にロングコートの犬は毛が抜けやすく、毎日掃除が必要になります。気が付くと床の上にコロコロと毛玉が転がっていることも多く、家具や内装だけでなく、衣服や靴などにも付着するため、常に身だしなみチェックが必要になります。短毛の犬は比較的抜け毛が少ないため、毛が気になる場合は短い毛を持つ犬を選ぶと良いでしょう。

室内飼育に最適な犬種

室内で飼育するならオススメなのが吠えない犬です。室内犬というと小型犬が多いですが、小型犬はデリケートな一面を持っているため、少しの物音でも驚いて吠えることがあります。けれどもその中にも吠えにくい犬が存在するため、そのような犬を選ぶと良いでしょう。

吠えやすい犬と吠えにくい犬

吠えやすい犬は臆病な性格が多く、物音などに反応してしまい吠えます。また飼い主の帰宅が遅いと寂しくて鳴くこともあるため、甘えん坊や寂しがりや、そしてデリケートな犬は吠える傾向があります。一方で吠えにくい犬はおおらかで人見知りしない性格が多く、理由も無く吠えません。躾次第で犬の性格は変わりますが、元来持っている性格もあるため慎重に選ぶことが大切です。

体格によって異なる運動量

体格が大きいほど運動は必要になります。室内飼育の場合は小型犬が多いですが、それでも運動量が足らないとストレスが溜まり無駄吠えの原因となります。そのため休日は適度に運動すると良いでしょう。

現代人にとってペットは「単なる愛玩動物」ではなく「家族の一員」として認知されています。ペットショップは「家族の一員」との出会いの場となり、またその後のペットの飼育のサポートを行ってくれるところです。