犬種に合わせたサイズ選び

犬の服を着せることによって、暑さ寒さから愛犬を守ることができたり、病気の治療や予防に役立ちます。また、抜け毛を防止したり、犬が汚れてしまうのも防げます。

ただし、サイズ選びなどを間違えてしまうと、犬のストレスにもなってしまうため注意が必要です。

サイズの測り方としては、首輪をつける位置での首回り、前足の付け根周りを背中と一周して測る胴廻り、首輪のつける位置の1cmほどしたから希望の服の裾の位置までを測るのが背丈の測り方になります。

服を選ぶ場合には、あらかじめ愛犬のサイズを測ってから服のサイズを選んでいくことが大切です。

また、購入するならサイズが合わなかったら、交換してもらえるお店の服を購入することもオススメです。

選び方と注意点について

サイズは大きく分けて3つに分けることができますが、重要なのはサイズ選びです。窮屈であればストレスとなってしまい、あまり大きすぎても服の効果がなくなってしまうため、ぴったりの服を選ぶように心がけます。服のサイズは販売店ごとによって基準が異なることも多く、サイズをお店で確認するのも効果的です。お出かけ用のウェアやレインコートなど種類によってサイズは異なるため注意が必要となります。

また、おしゃれ以外にも様々な用途の服が存在します。レインコートやマナーベルトなどがあるため、使用目的やシーンに合わせて機能性の高いものを選ぶことがポイントです。

素材は動きやすい伸縮性のあるものがオススメです。夏なら通気性の良いメッシュ生地、冬なら暖かいフリースなども良いとされています。

犬の洋服にはさまざまなデザインがあり、着せると犬の可愛さが引き立ちますが、ただ見た目が可愛いだけではなく、散歩中の犬のお腹をコンクリートの反射熱から守る役割も果たしてくれます。