屋上緑化が地球温暖化を和らげる

地球温暖化が問題とされる昨今、空気汚染や気温の上昇など様々な弊害を引き起こしていますよね。昔よりも暮らしが便利になった分、自然環境の豊かさが損なわれつつあります。ここでは、そんな地球温暖化問題の解決策として話題の屋上緑化についてご紹介します!

屋上緑化のポイント?二酸化炭素削減

地球温暖化は二酸化炭素の増加が主な原因とされていますよね。二酸化炭素を減らすには排出するものをなくす必要があります。しかし、火力発電など排出が避けられないものが多くあります。そのような状況を打開するのが屋上緑化なんです!

植物は二酸化炭素を吸収して酸素を排出する、地球に必要不可欠な要素です。ビルや住宅などで緑が少なくい地域の屋上に設置することで、二酸化炭素の削減に繋がります。都市部で発生するヒートアイランド減少を改善する役割も担うため、緑の少ない地域で活用する企業が増えていて、空気の浄化に気温の上昇など二酸化炭素の削減に大きく貢献しています。

屋上緑化のポイント?省エネ対策

気温上昇の引き金となる二酸化炭素を削減することで、断熱効果が期待できるのです!屋上に植物を敷き詰めることで、建物に太陽の熱が伝わりにくくなります。建物内の温度低下に繋がり、夏の暑い季節でも冷房の設定温度を下げずに過ごすことができるのです。無駄な電力を使わなくて済むので節電対策に効果的です!

また、冬は遮熱効果も期待できます。屋上緑化を取り入れることで、暖房によって暖められた空気を逃がしにくくなります。そのため、暖房のエネルギー使用が少なく済むのです。

屋上緑化は省エネに繋がり、地球温暖化対策の一環として大きな恩恵をもたらしてくれます。

屋上緑化とは、ビルの屋上などに草木などの植物を植えて緑化する事です。夏の温度上昇を抑えるようにする事が出来ます。